CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
PROFILE
CATEGORIES
■ARCHIVES■
OTHERS
POWERED BY
 ぶろぐん
 


氣の充電をして備える
 今日から24日までの日程で熊本・阿蘇での真氣光研修講座が始まります。
研修が始まるまで、私もしっかり真氣光を受けて、研修に備えるようにしています。
私は、よく氣の充電と言っているのですが、外からたくさんの真氣光の光を取り入れて、自分と自分の周りをできるだけ明るくしておくのです。
昨日、私は大雨の中、飛行機で熊本空港に着いたのですが、雷のため地上係員が作業できない関係で、着陸したもののゲートに行けず、誘導路で30分以上待つことになってしまいました。
私は、これも「氣を受けなさい」ということだと思い、音氣を出して氣の充電の時間に充てました。

 その人を幸せにしたくないマイナスの氣というものがあるもので、その影響を強く受けると、大事な場面で上手く行かなくなって、その後もそれが元で気落ちしたりするものです。
また、いろいろな人が関係していればいるほど、そこに集まる氣もプラスの氣ばかりではなく、中には強いマイナスの氣があって、その影響を受けてしまうこともあります。
ですから、このような自分にとって大事なスケジュールが決まっている場合には、注意が必要なのです。
学生さんなら進路が決まる試験や受験など、サラリーマンの方なら大事な会議や商談、たくさんの人が集まる発表会、親戚中が集まる法事や法要、お見合いや結婚式など、その人に良い方向に変わって欲しくないマイナスの氣が邪魔をするように働きかけてきますので、それに足をすくわれないようにしなければなりません。
それには、真氣光をしっかり受け、マイナスの氣を予め光に変え、自分と自分の周りをできるだけ明るくして、暗いマイナスの氣を寄せ付けなくさせる氣の充電は効果を発揮するわけです。
また、何かに「備えよう」と氣を引き締め意識することは、マイナスの氣にとっては取り付く島がなくなり相当にやりづらくなるのです。

 さらには、期日が近づくと気持ちがマイナスの方向になって、マイナスの氣に付け入る隙を作ってしまうことがありますから、心の備えのためにも氣の充電は必要です。
イライラや落ち込みなど、マイナスの気分を感じたら、しっかりと氣を受けるようにしましょう。
一時的に心がマイナスに引っ張られてしまっても、氣を受けるうちにプラスの氣へと変わり、それも応援してくれる存在に変わるのですから心強いことです。

 ちょっとハードルが高いところを乗り越えるときには、もちろん目に見える備えも大事ですが、このような目に見えない氣の部分での備えも万全にしておくことをお薦めします。

(中川 雅仁)

[menu][次へ]

| 中川雅仁 | 17:23 | うまく生きるためのコツ |

お便りはこちらから

本ページのQRコード