CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
PROFILE
CATEGORIES
■ARCHIVES■
OTHERS
POWERED BY
 ぶろぐん
 


良い氣を持って接する
 月曜日までの熊本での真氣光研修講座では、夫婦、親子、祖母と孫など家族で受講してくれた方も、多くいらっしゃいました。
家族も研修講座を受講して氣のことを知っていると、とても良いことがあります。
それは、誰かがマイナスの氣の影響を強く受けていても、周りがプラスの氣を持って接することができることで、マイナスの氣の付け入る隙が次第に無くなり、事態は自ずと改善の方向に進みやすくなるからです。

 研修講座では、「何か良いことを探して発表してみよう」という、氣づきの時間(いいとこ探し)という行法をやっていますが、これは悪い出来事もそこから気づいたり学べると、それは良いことになりますから、どんなことでも良いこととして捉え発表する、つまりプラスの氣を周りにお分けしようというものです。
さらには、発表を聞いている周りの人が、どんなに悪いことを聞いても、それから学べたり気づけるということであれば、それは良いことになりますから、結局は周りの人の捉え方次第で、どんなことを発表しても良いことになるのです。

 私は、この良い氣(プラスの氣)を持って話を聞けるかどうか、人と接することができるかどうかということも、大事なことだと思っています。
それは、家族の誰かが、あるいは家族以外の人でも同様に、一時的にマイナスの氣の影響を受け、それに引っ張られてしまっても、自分の心掛け次第で、そこに邪魔をするように作用する氣の影響を小さくしていけるからです。

 そしてもう一つ、もしも自分がプラスの気持ちを持って接することができない時には、それは意味のあることで、何かに気づいて変わらなければいけない時ともいえるのです。
例えば、その人の話は聞きたくない・会うのが嫌だ、苦手だ、面倒臭い、聞くのが辛い、相手を咎めてしまう、大きな声が恐い、等々、人の話を聞いている時や接している時に、マイナスの感情が浮かび上がって来たとしましょう。
それは、自分の何処かにあるマイナスの氣の影響ですから、それをいま感じているということに意味を見出し、そこから自分はどうすればよいのかを考え、プラスの方向に進む決心をして、自分を変えるよう行動していくことです。
このように、話をするばかりではなく、話を聞く、人と接するということからも、多くの氣づきや学びがあるものです。
自分のほうに心の余裕が無ければ、なかなか出来ないことですので、日頃から真氣光のエネルギーをたくさん受けて、氣を充電し、どんなマイナスな出来事をも、一つひとつ良いことにしていくように心掛けることなのです。

(中川 雅仁)

[menu][次へ]

| 中川雅仁 | 17:08 | うまく生きるためのコツ |

お便りはこちらから

本ページのQRコード