「真氣光」とは

医師からみた「氣」の力

  • 【医師】西本真司先生
  • 【歯科医師】山本伊佐夫先生

「ペインクリニック領域における気功治療」

【医師】西本真司先生

西本先生プロフィール

歯科領域での、ハイゲンキの効果

私は93年から日常歯科臨床にハイゲンキや外気功による気功治療を応用しております。歯科領域の疾患では、歯髄炎、歯根膜炎、知覚過敏症、智歯周囲炎、抜歯後手術後疼痛、術後出血、アフタ性口内炎、顎関節症などに顕著な効果がみられました。主なものの内容を記述します。

  • 1.抜歯後の疼痛が重く鎮痛剤を飲んでもあまり効果が無かった患者に、患部および合谷(手のツボ)にハイゲンキを当てたところ、痛みが顕著に緩解した。歯髄が炎症を起こしており抜髄処置が必要な歯の根尖部にハイゲンキを当てたところ、冷水痛・温水痛が無くなり抜髄せずに治った。
  • 2.アフタ性口内炎に直接ハイゲンキを当てると、数十秒で接触するときの痛みが消えた。通常の根管治療でなかなか排膿が止まらない難症例の根尖性歯周組織炎の患歯にハイゲンキを当てたところ、1回の治療で排膿が止まり打診痛も消失した。
  • 3.顎関節症で全く口が開かなかった患者にハイゲンキを各関節部に当てたところ、約1分後には痛みが消え、約3㎝開口できた。顎関節症の場合、咀嚼筋の痛み、頭痛、肩凝りを併発していることもあったが、患部にハイゲンキを当てることでそれらの症状が改善した。

以上のようにいずれも一般歯科治療、つまり西洋医学では治らない症状に、ハイゲンキは著しい効果を示しました。

西本真司先生

山本伊佐夫先生プロフィール
1960年神奈川県生まれ。85年神奈川歯科大学卒業後、歯科医院勤務、日本医科大学医学部法医学教室。92年医学博士、同大学非常勤講師。現在、神奈川歯科大学社会歯科学講座助教。
下田33回、38回氣功師養成講座及び、生駒第19回、47回、76回真氣光研修講座を受講。
  • 【医師】西本真司先生
  • 【歯科医師】山本伊佐夫先生