CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2018 - 11  >>
PROFILE
CATEGORIES
■ARCHIVES■
OTHERS
POWERED BY
 ぶろぐん
 


体にプラスの氣を送る
 少しずつ寒くなってきて、上着を着る季節になりました。
私は、自分のお腹の出っ張り具合が目に入りにくくなることで、つい悪い姿勢になったり、貯めてしまった脂肪に意識が向きにくくなる自分を発見しました。
氣の観点からも、体を意識することは、とても良いことで、時々目にする「結果にコミットする…」の宣伝も良い刺激になります。
今ではフィットネス、ストレッチ、ヨガ、くびれを作るための体操…、体にアプローチするための多種多様な方法が紹介され、多くの人の意識が心身の健康に向くようになっています。
私は、そこに氣という観点も加えて貰えたらいいなぁと思っています。

 真氣光研修講座では、ヨガの第一人者・龍村修先生の指導の下、1990年の開講時から今も変わらずにヨガを取り入れています。
これは、氣と体と心の三つの要素が密接に関係し合っているので、良い氣をただ外から取り入れるばかりではなく、体をとおして心つまり意識や精神性を向上させていくことで、よりいっそう氣の高まりが早くなるということからなのです。

 例えば、普段私たちは自分の意思で体を動かしているから分かり難いのですが、体と心は別物です。
内臓などは意識することなく動いてくれていますし、病気や怪我をすれば動かそうと意識しても動かないことがあるのです。
ですから、食べ過ぎ、飲み過ぎ、食後の一服…ゲーム、スマホ…等々、心では気持ち良さや喜びを感じていることも、内臓をはじめとする体は迷惑と感じていることが多々あるでしょうし、せっかく備わってくれている筋肉なども、ちゃんと使ってあげることなく退化させ、使えないようにしてしまうのです。
つまり、体に対して労りや感謝するなどのプラスの氣を与える氣遣いを忘れ、痛くなったり動かなくなっても、「なんで…」と、つい文句を言ったり、落ち込んだりしてマイナスの氣を引き寄せてしまいます。

 私は、年齢が進み体の機能が落ちることで次第に悪い習慣に気がついて反省し、感謝など心が放つプラスの氣を向けられるようになりました。
しかし、今までの蓄積もありますし、まだまだマイナスの氣の影響を受け易くしている部分もありますので、そのような所にも真氣光を利用してプラスの氣を向けると良いと考えています。
体の中の氣は、均一な状態ではなく、氣の滞りと呼ばれるような、外界からのマイナスの氣の影響によって暗くなり、コリや痛み・違和感を感じるようになっているので、ヘッドを当てたり手に持ったり、氣グッズを利用し、できるだけ対象を絞って、そのようなところに氣の光を集中させるイメージをするとよいのです。
ぜひ、お試しください。

(中川 雅仁)

[menu][次へ]

| 中川雅仁 | 17:45 | うまく生きるためのコツ |

お便りはこちらから

本ページのQRコード